よろしく、あみばにっき。

yorosuku.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 09日

8/9 シルバーブリッツとLyceeについて。

 お金が無くて気分は下降する一方。あみばです。

今から書く文章は間違いなく戯言なのであんまり気にしないでくれるとアリガタス。


 ・最近流行ってる1キル、若しくはそれに準じているデッキに関して。

 自分は否定派。TCGにおける1キルはそのゲームコンセプトに著しく反しているから。

メタればいいとかそういう問題じゃなく、1キルが存在している時点で既に問題。それは健全な環境じゃない。

 TCGはどれをとっても戦略性があり、プレイングスキルによって勝敗が決定されて然るべき。

だからこそプレイヤーはデッキを洗練し、プレイングの練習をして大会にでるはず。

なら1キルデッキは?デッキはよく考えられているかもしれない。でも、そこにプレイングは存在する?

ただコンボパーツをサーチして揃えてコンボを成立させて勝つ。同じことの繰り返し。

そんなことをさせる為にゲーム会社は何百ものカードを作ったのか?そうじゃないだろ?

より戦略性を高める為、カード選択の幅を広げる為に作ったはず。そして何よりそれで楽しんで

貰う為のはず。

1キル使って勝った時、対戦相手は楽しそうな顔をしてたか?TCGはコミュニケーションゲームだ。

大会に出たときそこには必ず対戦相手がいる。1キルデッキはコミュニケーションを破綻させている。確実に。

 例えば君がとても面白いデッキが組めたんで大会に出ることにしたとしよう。

対戦相手が席に着き、デッキをシャフルして、さぁ対戦だと思ったら何もプレイすることなく試合が

終了した。どんな気持ちになる?相手のデッキの凄さに感動する?自分のデッキが回せなくて

がっかりする?そんなデッキを持ち込んでいる相手に怒る?どれにしろそこにプラスの働きは無いはず。

自分が楽しくなりたいのなら家でゲームするなり本読むなりゲーセン行くなり勝手にすればいい。

でも、TCGはコミュニケーションゲーム。そこを考えて欲しい。勝つためなら何でもしていいのか?

「いい」と答える人もいるだろう。それはその人の意見だ。別にそれでもいい。きっと説得するだろうけど。

 ここに書いたのは自分はこう考えていて、理由はこうだ。ってこと。それに賛成して欲しいわけじゃなく、

ただこういう考え方もあるんだってことを呈示したかっただけ。理解はして貰えると嬉しいけどねww


 ・シルバーブリッツに関して

こういうゲームを作ってくれたことには素直に感謝すべきなんだろうけど、アフターサポートに関して。

そもそもエラッタっていうのは欠陥を認めて改善するって事だと思うんだけど、それに関して謝罪

なんかがあった記憶がない。どんな理由だろうと欠陥が出ればそれなりの謝罪があって然るべきだと思う。

他の国産カードゲームもぽんぽんエラッタかけてる所為で感覚がマヒしてるのかもしれないけど、

エラッタ、禁止カードっていうのは本来出しちゃいけないもの。その認識が少し欠けてる気がする。

テストプレイしてないとかは理由にならない理由。ただの言い訳。自分たちで生み出したゲームなら

もう少し責任を持って欲しい。折角面白いと思って作ったシステム、コンセプトを自分たちで無駄

にしてしまっては勿体無さすぎる。



 とまぁ読み返してみるとなんて戯言。すげぇ不遜な文章ww20歳にもなってないガキが何言ってるんだww

でもこれが今んとこの自分の意見、本音かな?

(自分も簡単にエラッタエラッタ言ってるのを考えると随分侵されてるなぁとか思ったり。

マジックだけしかしてなかった時は早々禁止とか思わなかったのになぁ・・・・・・)


 随分長文だったんでここまで読んだ方はお疲れ様ですm(__)m

ではでは。

 ノシ
[PR]

by mask-of-yoroshiku | 2006-08-09 03:07 | 戯言


<< 8/9 エラッタ、ガ━━(...      8/7 ケバ部の活動。 >>