よろしく、あみばにっき。

yorosuku.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 13日

日本VSオーストラリア

 負けちゃったよ・・・。しかも1-3・・・。

不安視されていたものが一番嫌な形で現れた試合だと思った。


    得点力不足。


 考えてみれば得点を決めたのは中村。フォワードの柳沢、高原は調子が良さそうだったのに

得点を挙げられなかった。

 前半は割とガタガタなディフェンスを川口の神セーブで耐えて

逆に思ってもいなかったところで得点。ここまではなかなかラッキーな展開。

ただ思ってもいないところで坪井の疲労で交代枠を1つ使ってしまったのも

ジーコの采配を狂わせてしまった要因の1つ。

 後半はディフェンスが建て直してきてバテてきたオーストラリアにうまく対応してた感じが

あった。の・に、追加点が取れない。疲労から中田の味方へのキラーパスも光る。

(パスの要求度が高いってことね)ホントならここで玉田、大黒あたりを入れたかったはず。

おそらく坪井に使っていなかったらどっちか入れてたと思う。

 でもなぜか残った2つの枠を使って割りとうまくいっていた中盤の小野を入れる。

ここがおそらくターニングポイント。見てて思ったのはジーコの考えである1-0で勝つことが

チーム全体に行き届いてなかったのでは?ってこと。

そうでなけりゃあんな中盤の拙いボール回しや前線のシュートは有得ない。

 んで追加点取られてからの大黒。遅すぎますから

案の定2回ぐらいしかボールに触れなかったし(小野もね)。



 いかに効率よく追加点を挙げるか、いかにゲームの流れを変えることのできる采配ができるか

ってことを考えさせられる試合だったと思う。

ワールドカップにおいて1点差と2点差のあいだにはこれでもかと言うほどの差がある。

終盤まで追加点を挙げられずオーストラリアの選手の気持ちを折ることができなかった、

後半開始から交代枠を使って積極的にゲームを動かそうとしたオーストラリアの采配を

結果的に生かしてしまった、日本の完敗。

 ここまでは普通の話。ここからは嫌な話。

審判の采配について。今回のワールドカップの主審は割りとカードを厳しく出してくる。

ゲームコントロールをするためだろう。しかしそれできちんとゲームコントロールできているか

というと、そうでもない。今回の日本戦は特に日本が得点を挙げてからのオーストラリアの

ダーティータックル、過剰なボディーコンタクトは見ていて不快以外のなにものでもなかったし。

本来ここで選手を落ち着かせるのが審判の役割のはずが、今回の主審は笛を吹き、

カードを出し、逆に試合は荒れていくばかり。選手のフラストレーションをどう下げるか。

そこが審判の腕の見せ所。それが何?これがワールドクラスの試合を預かる主審の采配か?

甚だ疑問。きっと次の試合にこの審判は出ていないだろう。


 あと一番言いたいのは、オーストラリアの1点目が入る前のフリーキックの元になった茂庭の

ファール。どう見てもオーストラリアの選手のダイビングだろうが!!!!!

カード出す相手間違ってんだよ!!!!!それでもワールドクラスの主審か!!!!???


レポートの途中だけど最後の2行が書きたいがためだけに思わず書いてしまった・・・。
[PR]

by mask-of-yoroshiku | 2006-06-13 00:52 | サッカー


<< 6/13 にゃんぷしーろーる...      6/12 夢屋でランサーゲッ... >>